看護師が転職に成功するための秘訣

看護師の免許を持ち働くと考えたとき、看護師の資格を活かして働くことができる場は様々あり、ジャンルや業務内容・働き方などもそれぞれの職場によって大きく変わってくるため、働いていく中で転職を考える看護師や実際に転職を行う看護師はとても多くいると思います。離職率がとても高い看護師は、転職率もとても高いのがわかります。そんな看護師の転職で、以前の職場より、より働きやすく居心地の良い職場を見つけ、「転職して本当によかった」「私の転職は成功だった」と思えるような転職をするための秘訣はなんなのでしょうか。

 

転職先を探すとき、みなさんは何を重視して探しますか?自分が働く上で重要としたいポイントは、人それぞれあると思います。「あの看護分野を実践してみたい」「このような働き方が希望」「バリバリ最先端医療で活躍したい」「ゆっくり患者さんと触れ合いながら看護をすすめたい」などなど考えるとたくさんありますね。

 

自分が重要とするポイントをきちんと明確にし、そこのポイントをまず満たされるような職場をたくさんの求人情報の中から絞っていけると、自分が希望している看護を行うことができる職場が見えてくるはずです。「楽そうだから…」「お給料がいいから…」というのは転職時に考えてしまいがちなことですが、求人情報と実際に働いた時の印象はどこの職場でも多かれ少なかれギャップが出てくるものなので、「自分がやりたい看護」「自分が目指す看護」を行えるという一つの強みがある方が、新しい職場で働いていく中でも充実感や転職した意味を感じられるというのは大きく変わってくると思うのです。

 

この基礎がしっかりと自分の中で固まったら、あとは新しい職場の管理者や人事担当者など、入職する際に話などを聞いたり相談する方に、きちんと自分の希望を伝えることです。自分の希望ばかり押し付けるのではなく、その職場の特徴などをきちんと調べた上で、働き方や勤務時間(残業時間なども)、休暇の取り方や緊急で休暇をもらう時のことなどを働く前に話しておくことが大切ですね。

 

転職は、たくさんの労力を必要とします。探すとき、見つかってから採用されるまで、入職してから新しい環境に慣れるまで…精神的にも身体的にも負担がかかります。たくさんの努力をした転職活動が成功に繋がるためにも、新しい職場に入職するまできちんとポイントを考えながら進めて行けるといいですね。転職が成功すると、きっと今まで以上に輝いた看護師ライフが待っていると思います。

 

保健師資格もお持ちの方はコチラもチェック!

市町村保健師の採用情報(転職希望者向け)

病棟看護師と外来看護師の働き方の違い

就職、転職や復職をする際には必ず考える働き方。看護師として働く中でも、職場はもちろん、働き方も様々あります。病棟で働く場合と外来で働く場合はどのような違いがあるのでしょう。

 

まず一番わかりやすいのは、働く時間帯ですね。外来では日勤で働くのが基本であるのに対し、病棟では患者さんが入院生活を送っているので、夜間の看護・管理も必要となり、日勤に加え夜勤の勤務もあります。
そこそこの病院で、二交代制と三交代制を取り入れ、夜勤勤務を行っていると思います。病棟でもパート勤務や就職時に働き方を相談し決めていれば、日勤のみで働ける病院もあります。また、大きな病院などでは外来勤務でも救急患者に対応できるように、宿直勤務を取り入れている病院もあります。

 

そして、病棟と外来では患者さんとの関わり方や看護援助の仕方も大きく異なってきます。受け入れをしている患者層や診療科目によっても違いは出てきますが、基本的に外来では短時間の間でできるだけ多くの必要な情報を患者さんから聞き取り、アセスメントを行い、その上で必要な治療や看護援助に繋げられるようアプローチしていかなければなりません。風邪などの短期治療でよい患者さんだけではなく、喘息や糖尿病など長期的に時間をじっくりかけながら、疾患と向き合えるよう指導や看護をしていかなくてはいけない患者さんも外来にはたくさんいます。限られた時間の中で上手にコミュニケーションを取り、信頼関係を早期に築いてくことも求められてきます。

 

一方病棟では、入院生活を通す中で、入院期間は数日から数ヶ月、数年と様々ですが、患者さんに必要な治療や看護援助をある程度じっくり考えながら提供していくことができたり、日々の関わり、コミュニケーションの中から信頼関係を築くことができるので、外来の場合と比べるとゆったりとコミュニケーションをとることができるように思います。

 

私が以前働いていた病棟では糖尿病の指導・教育入院を積極的に受け入れ看護援助を行っていました。私も糖尿病指導・教育入院の患者さんを数多く受け持ち、看護援助を行っていましたが、入院中は限られた入院生活期間とはいえ一日の勤務の中で患者さんと関わることができる時間もたっぷりあるので、じっくり患者さんと向き合いながら信頼関係を築いた上で、疾患の理解や治療の必要性を伝えていくことができたのですが、並行して外来での指導にも関わった時、限られたすごく短い時間の中で情報収集しアセスメントを行って、理解を求め必要性を伝えていくには、病棟の時と違ってとても難しいと感じたことがありました。私の性格としてゆっくりタイプなのでそう感じたのもありますし、病棟より外来のコミュニケーションの取り方の方が自分には合っているという看護師の友達もいるので、そこは人それぞれですね。自分に合った働き方や看護援助の仕方を一度ゆっくり考えてみるのもいいかもしれません。