看護師のお給料の実際

毎日忙しく働いている看護師の皆さん、お疲れさまです。看護師というと高収入というイメージが世間からは持たれていることが多く、「実際にもお給料高くていいねー」「お金持ちでしょー」などと言われた経験もあるのではないかと思います。実際、看護師として働いていると他の医療機関でのお給料や手当てがどのくらいかというのは詳しくはわからないし、自分が本当に周りがいう高収入なのかはわかりませんよね。「こんなに毎日忙しく働いているのに…」「夜勤や休日勤務などの変則勤務もあるのに、お給料が見合っていない」と感じる看護師も実際には多くいると思います。看護師のお給料は各医療機関や働き方によって本当に様々、かなりの幅があるのが実状です。

 

まず、市区町村や国などが経営・管理する医療機関と独立法人や個人で経営、管理している医療機関でも収入の違いがあります。市区町村や国などで経営・管理している医療機関では公務員という扱いになるため、収入は他で働く公務員と同じように決まっています。福利厚生はかなりしっかりと整っていて安定しているため働きやすいですが、他医療機関から比べると残業手当てがつかなかったり、正月などの勤務の手当てがつかなかったりと、収入面では少し不満点もあるようです。

 

一方、市区町村や国以外で経営・管理している医療機関では、収入はかなりの幅があります。基本給が高めに設定されていたり、基本給は低め〜普通であっても賞与や手当てなどが充実して支給されるなど、その職場で大きく違います。

 

また、働き方によってもかなりの差が出るようです。日勤のみだとやはり夜勤を行うよりは手当てがつかない分、収入は低くなりますし、また常勤だけではなく、夜勤を専門として働く看護師や応援ナースをしたり、派遣会社に登録し派遣ナースとして働く看護師も今ではとても多くなっていて、このような働き方だと収入は一ヶ月で平均50万以上になるなど高収入な場合が多いようです。

 

実際私の周りでも、夜勤を行いながら働く看護師では民間病院で月30万前後、市民病院で月27万前後、派遣ナースや応援ナースとして働く看護師は月60万前後、日勤のみで働く看護師は月20万弱など様々でした。これに加え、賞与もあるので年収にはまたさらに違いが出てきますね。働く上でも重要なポイントとなってくる収入。働き方や自分に見合った形で、満足のいく収入を得られるとさらに仕事も楽しくできるように思います。