面接までにしておきたい準備

転職活動の大詰めとも言える面接。転職先を見つけ、そこで働きたいと思い、面接まで進めたところでもとても労力を使いますよね。その職場での管理者や上司と顔を合わせて行う面接は、転職活動の最終段階でもあり、誰もがとても緊張すると思います。面接は自分をアピールできる場なので、面接を大いに活かし自分をアピールできるためにも、十分な準備をしていきたいですよね。

 

まず、その職場で得意としている分野やその職場の理念や特徴など、きちんと調べることが必要です。そこから相手が自分に求めることもわかってくると思いますし、自分の目指すところも明確になり、他の職場ではない、その職場で働きたいという思いが伝わるように思います。そして、面接では今までの職歴や以前の職場を辞めた理由、希望の分野や働き方(家庭や子どもを持つ人は周りの協力や家族計画を聞かれることもあり)など、おおよそ決まっている聞かれることという質問もあるので、面接対策に質問内容を本や周りの働いている人に聞くなどして、解答をある程度はっきりさせておくのも、当日落ち着いて面接を受けることができるひとつのよい方法かもしれません。

 

あとは、先にも書いた「自己アピール」です。自己アピールはなかなか難しい部分でもあるのではないかと思います。みんなと同じようなことを言うと自己アピールにはならないし、強く自分の良さを前面にアピールとして話しても、それだけで良い印象を与えるということには繋がらなかったりするものです。自分の長所と同じように、自分の短所も理解できていることも、周りのスタッフとの協調性という部分では必要なことになります。

 

その職場の特徴や理念に沿った解答は「みんなと同じ」「どこか作った答え」という印象の模範解答になりやすく、いまいち面接管に響かないという場合もあります。自己アピールの部分で、自分の思いや希望などを交えながら、その職場で頑張って働いていきたいという強い意思を伝えることができるということもとても大切になります。相手の目を見て、はっきりと明るくハキハキ受け答えができると印象もよくなりますね。自分の思いが伝わるように、届くようにしっかりと準備をして、当日は落ち着いて面接を受けることができるといいですね。